お問い合わせ 資料ダウンロード

メルマガバックナンバー

4月はお花見シーズンですね。

更新日:2020年4月10日

☆第224号☆ 令和2年4月3日

天然植物活力液HB-101 メールマガジン

4月はお花見シーズンですね。お花見のお供である3色のお団子は、桜色が「春のよろこび」、白は「冬の名残り」、緑は「夏のきざし」をあらわしています。

苗から育てる!花の育て方と注意点

鉢やプランターに苗を植える花の育て方と注意点についてご紹介していきます。庭やベランダで花を育ててみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

花を育てる場所を選ぶ

花を育てる場所を選ぶ

花を育てる場所は、庭やベランダの日当たりがよく、風通しのいい場所を選びましょう。特に、一日の日照時間が4~5時間の場所がおすすめです。

土づくりのポイント

花を元気に育てるためには、土づくりも重要なポイントとなります。土の状態が悪いと、根が弱って花が育たなくなります。花が育ちやすい土とは、保水性がありつつも水はけがよく、保肥性もある土です。また、花に合わせた酸度の土であることも必要です。そのため、花を育てる際には鉢植えに使う土の土づくりを行いましょう。土づくりの方法は、市販の腐葉土や堆肥、赤玉土を配合し、酸度が高い土の場合は消石灰を混ぜて酸度を調整します。鉢やプランターに花を植え付ける際の基本的な土の配合割合は、赤玉土7割、腐葉土3割です。

花を植え付ける鉢を選ぶ

花を植え付ける鉢を選ぶ

逆花を植え付けるための鉢を準備します。花を植え付ける鉢の適したサイズは、花の苗が入ったポットよりも一周りサイズの大きい鉢です。鉢のサイズが小さいと根がうまく張れずに花が育ちにくくなりますし、反対に鉢のサイズが大き過ぎると、土が水や栄養を吸収してしまうので、花に栄養が行き届かず育ちにくくなります。花を植え付ける鉢は、適したサイズのものを選ぶようにしましょう。

花を植え付ける

花を植え付ける前に、鉢の底に底石を敷き詰め、通気性をよくします。そして、その上から土づくりで配合した土を入れます。花の苗をポットから取り出す際には、苗の状態をよくチェックしておきましょう。根が腐っていないか、また害虫や弱っている部分があれば、先に取り除いておきます。最後に、苗を鉢に植え付けた後はたっぷりの水をあげましょう。

追肥を行う

花がきれいに育つためには、栄養が必要です。そのため、定期的に追肥を行い、花に栄養を与えましょう。追肥を行うタイミングは、葉が弱ってきたり変色してきた時や、咲く花が小さくなった時です。肥料の種類は、液体タイプや固形タイプなどがあります。花の種類、目的に合わせて肥料を選びましょう。

まとめ

基本的な花の育て方や注意点を守りながら自分の好きな花を育て、ぜひガーデニングを楽しんでみてくださいね。

今月のお客様の声

野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」

HB-101を飲んで蜜蜂が活発になり、例年の3倍の蜂花粉(はちかふん)が採れました。
大韓民國全羅南道順天市 趙 成振 様

全羅南道の順天市で養蜂を始めて11年になります。隣の町の人が「HB‐101を飲んだ蜜蜂は糞が少なく、活動が活発になってハチミツがたくさん採れる」と言うので、私もHB‐101を砂糖水に入れて蜜蜂に飲ませてみました。以前は養蜂場の周りに止めた車が黄色くなるほど蜜蜂の糞だらけになっていました。HB‐101を飲み始めてから1週間位で、糞が少なく、蜜蜂の活動が活発になって、今年の春は例年の3倍の蜂花粉を採ることができました。しかし、活動が活発になると、蜜蜂の命が縮まってしまうのではないか?と心配しました。しかし、かえって蜜蜂は元気になり、寿命が延びて巣に蜜蜂がいっぱい集まって、2倍に巣分けをしました。HB‐101を紹介してくださった人も同じ効果との事です。周りの養蜂家たちにもHB‐101をお勧めして今は5ヶ所でHB‐101を使っています。また、HB‐101を扱っている順天市の豊年農業資材店を訪問する養蜂家たちの間でもHB‐101の評判がとても高いそうです。HB‐101を蜜蜂に飲ませる時は、砂糖水36リットルにHB‐101を20cc(高温期の場合10cc)入れて使います。下の写真を撮った時は高温の昼間にもかかわらず、蜜蜂が活発に動いて、巣もきれいです。そして、蜜は香りが濃く、味も良いです。活動が活発になった蜜蜂がもっと色々な花々から蜜を集めてきてくれたおかげではないか?と思います。

HB‐101を飲んで蜜蜂の活動が活発になり、今年の春は例年の3倍の蜂花粉を採ることができました。

蜜蜂にも植物にも良いHB‐101を是非ともお勧めしたいです。

お肌しっとり入浴液「フローラ・バス-102」

(株)フローラの商品は会社の真心と真剣な取り組みが感じられました。
埼玉県桶川市 片野 智子 様

以前から新聞広告で知っていましたが、北海道に住む姉から「(株)フローラの品物は、とっても良いから1回、使ってごらん」と云われていました。実際に(株)フローラの商品を買ってみると、ホントにホントに会社の真心と真剣な取り組みが感じられました。フローラ・バス‐102は無色で、使い始めは、正直?わかりませんでしたが、だんだんと体の変化が分かりました。温まる、湯冷めしない、乾燥しないのです。これなら、ずっとフローラ・バス‐102を使い続けられそうです。安心というイメージ!とても良い商品をありがとうです。

☆第224号☆ 令和2年4月3日配信

採用情報